極楽とんぼ

ご訪問いただきありがとうございます。 このblogは自転車で何処かへ出かけた事がメインですが、時には、日々の出来事や美味しい食べ物などの日記です。

グリニッジ天文台

z
Royal Obeservatory
z

z

z
East&West Zero line
z

Greenwhich Mean Time
z

Greenwich observatory of the hill road bike often.
z


スポンサーサイト
  1. 2016/01/26(火) 09:30:09|
  2. ロンドン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユーロスターでロンドンへ

z
EU圏の国際線は緩いがロンドン行は例外的に保安検査や出入国手続きが必要。
空港並みに時間の余裕が必要。

z
パリ北駅ガルドノール

ユーロスターはロンドンまでノンストップ!
今日も隣の席はパリマダム。
 ただ2等車は窮屈 TGVや飛行機のエコノミーのが方が広くて快適

およそ50kmの英仏海峡の海底トンネルを抜け

b
ロンドン セントパンクラスに到着

パリ発 08:11 ロンドン 09:30着 (時差1時間)

  1. 2016/01/25(月) 07:48:06|
  2. ロンドン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びルクセンブルク

t
黄金の女神像(ゲレ・フラ)

q
ノートルダム寺院
2€のバス代 セントラル手前で降車してダルム広場から憲法広場へ此処でペトリュス川と工事中のアドルフ橋を見る。
ノートルダム大聖堂は近く聖霊広場へ グルント(谷地区)にはサン・ミシェル教会 その先にはボックと中世の要塞跡が見える。
そこまで歩いてから大宮殿を通りロワイヤル通りでバスに乗車して駅に向かう。
駅構内にあるオーベルヴァイスOberweisで夕食とショコラを購入
q

q

q

q
ルクセンブルクは4時間の滞在
18:11発のTGVでパリに20:20着

  1. 2016/01/23(土) 21:49:39|
  2. ルクセンブルク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーゼル川

x
スパークリングワインの故郷 ライン川に合流
x

x

  1. 2016/01/22(金) 08:02:08|
  2. トリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ最古の都市トリア

ジュリーとポルタニグラで撮影
y
ジュリーはハーレーダビットソンに乗るライダーだった。

ルクセンブルクから約1時間でドイツ国境を越えてトリアへ
ジュリーがインフォメーションセンターまで案内してくれた。
iで地図をもらいカールマルクスの生家を確認。
z

z
ポルタニグラ古代ローマ時代の遺跡
約2000年前に建てられた世界遺産

z

クリストフ通りからシメオン通り、フライッシュ通り、
その先のカールマルクス通りに入るとマルクスの生家は右側三軒目にあった。
r

マルクスの生家
yy

z
フライッシュ通りで美味しそうなピザを見つけ2.6ユーロで購入 
美味しいランチが安く上がった。時間が迫って来たので駅まで途中で斜めに近道してコッホ通りを歩きながら食べた。

z
Trier Hbf
トリアに11:30に着いて12:30分発のルクセンブルク行きまで僅か1時間の滞在。
目的は此処までのモーゼル川やスパークリングワインの故郷の傾斜地に広がるぶどう畑を見ることであったのでドイツ最古の都市に来てマルクスの生家やポルタニグラ ドイツの街並みが観れたことはラッキー!

発車7分前に駅に着いたが同じホームにABC、、と六つも乗り場があり、どこなの?来た列車も途中で切り離されてマインツ行きの車両が連結されていてあせらされた。
帰りはひとりなので車窓から残りのピザを食べながらモーゼル川流域の景色を楽しもう。

  1. 2016/01/20(水) 08:33:39|
  2. トリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルクセンブルクへ

z
パリ東駅からTGVで2時間10分でルクセンブルクへ

駅舎の高い天井には世界地図が描かれ窓にはステンドグラス
z


z

駅舎を出たが此処に滞在8時間は長すぎるので急遽インフォメーションで国境越えでトリアへのアクセスを確認。やはり鉄道が無難ということなのでラウンドチケットを購入
あ
10Cの乗り場が発車直前に乗り場変更のアナウンス あわてて移動した際に同じ行先のマダムと知り合い色々な情報をレクチャーされて 
成り行きで
ルクセンブルク在住のマダム ジュリーエレセンポンペとドイツのトリアまでご一緒と相成った。
v
出会いとはこんなものか 乗り場の変更が無ければありえなかった。
f
モーゼル川 左岸がルクセンブルク 右岸がドイツ
会話に夢中になり車窓を見ることが無かったが、
ジュリーが教えてくれた国境。

  1. 2016/01/19(火) 07:29:30|
  2. ルクセンブルク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メトロ

s
旅人の朝は早くて、パリ市民よりも早く移動

主要駅のシャルルドゴール
s

車内も人影が無いなあ
s

バルべスロショショアールで4番線に乗り換えてギャールドエスト 東駅へ

s
乗り場の番線を確認

s
TGV一等車でルクセンブルクへ

アラポシェヌ



  1. 2016/01/18(月) 07:46:42|
  2. パリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリの初日

AMG F1
s

ショールームで マダム ベアトリスと再会してから外に出ると既に
外は暗くなり、
シャンゼリゼ通りはクリスマスイルミネーションのライトアップがまだ点灯していてー素晴らしい。
s

s

s

ホテルに戻る前に軽食と滞在中の水分の買い出しにテルヌに寄って
格安スーパーでbeerやワイン、水、オレンジ等を買う。
MONOPRIXやPAULは見ただけのジュストジュルガルト svp!

s
マルシェではお惣菜とソーセージを購入

セボン!


  1. 2016/01/16(土) 06:22:52|
  2. パリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリのホテル

Hotel Belfast   aveneu Carnot
a
部屋のベランダから撮影 228号室

昨年のトロワイヨンでアクセスの重要さを知り、今年はさらに厳選して玄関先にシャルルドゴールエトワール駅の入り口と空港行きのバス停(停車中のバス)あるホテルを選んだ。
TAXI代は浮いたがホテル代が ^_^;

270号室 窓から撮影
a
凱旋門の先にエッフェル塔も見える

a
おひとり様ですけどね

a
途中 270号室の空調が壊れて228号室に移動した。


パリ到着後、最初のミッションはシャンゼリゼのショールームでマダム ベアトリスに
再会すること。
a
決めてはいたが、リニューアルされて
お気に入りのフレグランスの購入には至らず、
翌週の月曜日に再度訪問の約束をした。

  1. 2016/01/15(金) 07:16:24|
  2. パリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅立ち

a

窓側で隣の席も空いていた2席を確保
s


s


a

羽だぁ
a

シャンパンはガルデを2本
s


sky wifi 24時間利用
a

ハバロスク付近で未接続となり以後接続不能になった
s

コンコルドの雄姿
a
シャルルドゴール空港に到着

気温11℃ 昨年は1℃だった。


  1. 2016/01/14(木) 08:15:31|
  2. パリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅前夜

2016/01/06
旅行の前夜は義妹邸に宿泊
s
lineを見ていない私はつまみの購入にプランタンと三越へ
三越では義妹とは時間差だった。
義妹とは被らずにダロワイヨのアペタイザーとローストビーフ
あ

あ

義弟も帰宅して三人でシャンパン

g
更に続いて、、、、。
デザートはアンジェリーナのモンブランとショコラ
g

結構飲んでしまい、翌日、機内でシャンパンを、、、。 おい
g

  1. 2016/01/13(水) 19:37:34|
  2. パリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0